世界一周を終えてからのその後の日記

  世界一周を終えて徒然なるままにのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 旅 ペルー > 旅 ペルー 後編  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 ペルー 後編

2008 - 02/01 [Fri] - 06:37

サンタマリアからサンタテレサへコレクティーボで1時間。
さらにサンタテレサから、
ローカル線の駅近くまで、またもコレクティーボで、30分。
そして、アグアス・カリエンテスへのローカル線の駅から線路を3時間歩く。
最初は、スタンド・バイ・ミー気分だったのに、いつしかみんな無言に。


結局アグアス・カリエンテスに着いたのは、夕方5時ごろ。
さすがにみんなヘトヘト。
昨日飲んだビールがみんな汗になって出た感じ。
適当に安宿を見つけて、チェックインし、シャワーを浴びて、
当然のごとく祝杯。
この日はビールは美味しかった。
結局3人で8リットル近く飲んだ。
よく飲んだね。

次の日はいよいよマチュピチュへ。
あこがれのマチュピチュ。
さすがに入山料は高いけど、裏わざを使い半額で。
雨季のため、雨が降っていたけども、
それでもマチュピチュ。
道のりが困難だっただけに、感動もひとしお。
よくこんな山の頂上にこんな建築物を作った!
すばらしいの一言!
感動して、思わず泣きそうだった。

そしてマチュピチュを見渡すため、隣の山ワイナピチュへ。
しかし雨が強くなり、山歩きも大変そうなので明日再び登ることに。

下山して、行きの教訓から早めにチケットを購入しようと思い、
明日の帰りのチケットを買いに、
駅に行ったのだけど、明日の安い列車のチケットは完売。
特にクスコへ戻る安い列車は、明々後日まで完売。
帰りはクスコまで列車で楽に帰りたかったのに。
しょうがないんで、途中の駅、
オリャンタイタンボまでのチケットを購入。
しかも明後日の朝発で、高価な列車。
それでも帰りは、楽に帰りたかった。

チケットが購入できれば、またも酒盛り。
マチュピチュを見れた感動を、3人でお祝い。
その日もビールとワインを買って宿で飲みまくり。


次の日はいざワイナピチュへ。
11時頃に受付を済まし、370番目くらいで入山。
40分くらいの道のりだけど、かなり疲れた。
高所だけに、息も苦しい。
それでも何とか、頂上へ。
またも汗だくになり、昨日のビールが全部出た感じに。
でもワイナピチュから見るマチュピチュもすばらしかった。
その後、下山して、再びマチュピチュをみたり、
日本人ツアーに紛れ込んで、解説を聞きながら、マチュピチュを観光。
しっかり目に焼き付けました。

宿に戻れば、また酒盛り。
マチュピチュ最後の夜を祝うため、
いつもの酒屋へ酒を買いに行くと、
大ビンのビールやワインは品切れ。
私達がすべて飲んでしまいました。
しょうがないんで、小ビンのビールを買って、
宿で祝うのだけど、案の定足りなくなり、
ちょっと足を伸ばして、別の酒屋でビールとワインを買い、
再びお祝い。よく飲んだね。

次の日は朝から列車に乗り、オリャンタイタンボに行き、
バスでクスコへ。
と思っていたらオリャンタイタンボで、
来るときに乗ったタクシーの運ちゃんと遭遇。
多少割高だったけど、その運ちゃんのタクシーでクスコまで。
あの時の運ちゃんも大変だったものね。

帰りはたった3時間程度。
行きは1日半くらいかかったのに。

そしてクスコに戻り、
クスコに無事戻れたことを祝い宴会。
飲みすぎだろう。

ここで私は予定が大きく狂ったことから、
ウユ二をカットし、クスコからナスカ辺りを経由して、
リマに戻ることにしようと。

ハルキ君とリサネーサンはプーノに向かうという。
私も一緒にプーノに来ないと誘われたけど、
プーノで観たいものはないしな。
でもこの二人と行動しているのは面白いし。
そして散々迷った挙げ句、一緒にプーノに行くことに。

クスコ最後の夜も、宿に泊まっていたNICOさんと3人で、
クスコでお気に入りの串焼きやさんで宴会。
美味しかったね、あのお肉。

翌朝、散々飲み食いしたクスコを後に3人でプーノへと旅立つ。
プーノではバスターミナルで寄ってきた客引きについていき、
3人で40ソルの宿にチェックイン。
この宿はよかったのだけど、部屋が4階(日本式で5階)。
エレベーターも無いし、階段で上り下り。
つらかったー。プーノもクスコ以上に高所だったから。
エジプトのサファリホテルを思い出させられた。

プーノではティティカカ湖を観たんだけど、
これが予想以上に面白くなかった。
ウロス島にしか行ってないけど、もう完全に観光地。
お土産物屋さん巡りという感じ。
島の感触は面白かったけどね。

そんなんで、その日もビールを飲みながら夕飯を食い、
宿に戻って、ビールとワインで宴会。

そしていよいよお別れ。
私はリマに戻り、
ハルキ君とリサネーサンはコパカパーナへ。

最後の夜も、やはり宴会。
しかもホテルが停電するというアクシデントがあり、
ロウソクの明かりで宴会。
あのロウソクトークは面白かった。
思わず語ってしまった。
いろいろ話してしまった。

次の日は別れの日。
日本でまた会う約束をし、私はリマヘ。

今はリマのオキナワという宿で、だらだら。
イースター島入りに合わせて、ペルーで日程の調整。
チリよりペルーの方が物価が安いので、
ぎりぎりまでペルーのリマにいる予定。

でも特にすることがないので、暇です。
街をぶらぶらしたり、
顔見知りになったネット屋でネットをしたり、
セビッチェやロモサルタードを食べたり。





そろそろ旅が終わる。
やはりさびしいな。
もう少し旅をしていたいけど、終わりがあるから、
この旅も充実したものになる。
そう思うことにしている。



旅で出会ったいろいろな人たちへ
日本に帰って会える人は、会いに行くからね。
いろいろ懐かしい話をしようよ。
まだ旅が続く人たちは、一足先に日本に戻ってるからね。
帰ってきたら連絡ください。
いっしょに飲みましょう。


マチュピチュまでの道のり
マチュピチュまでの道のり

マチュピチュ1
マチュピチュ1

マチュピチュ2
マチュピチュ2

マチュピチュ3
マチュピチュ3

マチュピチュ4
マチュピチュ4

マチュピチュ5
マチュピチュ5

ウロス島
ウロス島


スポンサーサイト

すごぉい!!何が、すごいって、とにかく飲みまくりじゃないですか!!!??
いやぁ、旅に酒はつきものですよね。
標高高いと早く酔いそうだけど、だいじょうぶでした?
キューバは、行かないのですか?
たかのてるこの本で、「キューバでアミーゴ」を読んで、いつか行きたいなって思って。
終わりのない旅ほど、つらいものはないと思います。長ければいいってもんじゃないですよね。短い期間でも、どれだけ、その瞬間を楽しむかだと思います。1日、1日を大事に、そして、出会う一人ひとりを大切に思える心が私は旅の意味があると思います。
残りの旅を楽しんで下さいね!安全に!!

>kyokoちゃん
ペルーでは飲みまくりでした。
3人とも酒好きで、昼間っから飲んでいました。
標高の高さなんて関係ありませんでした。

キューバは行きません。
たかのてるこのその本を読んでなかった。
読んでいたら行ったかも。
キューバは次回かな。

旅に限らず、終わりがあるから、
いろいろなものを大切に大事にできるのだと思います。
そういえば、kyokoちゃんや初代旅人、コーエイと会ったのもフランスでしたね。
今回の旅でも、いろいろな人に逢いました。
できればkyokoちゃん達のように日本に帰っても、
逢えるといいなと思っています。

残り少ないですが、後悔の無いように旅を続けます。
まずは安全第一。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://centerfieldbuilder.blog54.fc2.com/tb.php/67-97a78c68

 | HOME | 

プロフィール

2代目旅人

Author:2代目旅人
旅と建築と出会いと酒をこよなく愛する2代目旅人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

足跡

2006. 8. 8 ブログ開設
2007. 6.22 日本出発
2007. 6.22 香港
2007. 6.25 中国
2007. 7. 7 タイ
2007. 7. 8 バンコクで睡眠薬強盗
2007. 7.14 日本一時帰国
2007. 8. 8 日本再出国
2007. 8. 8 タイ・バンコク
2007. 8. 9 タイ・タオ島
2007. 8.15 タイ・バンコク

訪問者数

アクセスカウンター

今日の一言

Clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。