世界一周を終えてからのその後の日記

  世界一周を終えて徒然なるままにのナビゲーター   トップページ > 2007年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 ベルギー

2007 - 09/19 [Wed] - 01:20

ベルギーのブリュッセルに、朝方到着。
まだ暗かったので、駅で明るくなるまで待つ。
ブリュッセルは都会。首都だから当たり前か。
一部の観光地を除き、商業ビルが並び立つ。
とりあえず、ベルギーワッフルを食べ、ノートルダムやオルタ美術館、小便小僧を見て
ぶらぶらしました。小便小僧は小さすぎ。しょぼい。
オルタはよかった。さすが、アール・ヌーヴォーの祖。
細部まで、アール・ヌーヴォーの美しい曲線が組み込まれていました。
それでも、決して主張しすぎず、質素な感じで、すごく落ち着く。
日本に帰ったら、もう少しオルタを勉強してみたくなりました。

翌日は日帰りでアントワープへ。
ファッションの町アントワープだけあって、そこら中に、洋服や靴のショップが。
とりあえず、お金のない私は、見るだけにして、一路、王立美術館へ。
ここには、ベルギーの画家たちの絵が展示されています。
うーん、ベルギーの画家、侮りがたし。
3時間ぐらい見た後、アントワープの王立アカデミーの工房を見学しに行くが、
中には入れず、外観だけ見て、王立アカデミーへ。
これがあのアントワープというような感じの学校があり、とりあえず写真を一枚。
そのあと、ノートルダム寺院に行き、
ネロとパトラッシュのベンチにを見て、ブリュッセルへ帰りました。

翌日からはブルージュ。
私がついた日、ブルージュでは第1回ビアーフェスティバルがやっており、
当然これに参加。10ユーロで7枚のコインをもらい、
コイン一枚でビールが一杯というシステム。
しかしビールを飲んでいるうちに、周りの人と仲良くなり、
コインを何枚ももらい、結局15杯くらい飲む私。
1杯200mlなので、3Lのビールを飲んだ。久しぶりに良く飲みました。
しかし、またしてもお腹の調子が悪くなる。
まあ、それを覚悟で飲んだんだけど。
次の日は朝から雨。宿で体を癒しながら、この原稿を書いたり、本を読んだり。
いよいよ、明日はパリ。

ノートルダム
ノートルダム


ベルギーワッフル
ベルギーワッフル


ネロとパトラッシュ
ネロとパトラッシュ


ビールフェスティバル
ビールフェスティバル


ビールを飲む2代目旅人
ビールを飲む2代目旅人


スポンサーサイト

旅 イギリス エディンバラ

2007 - 09/19 [Wed] - 01:19

エディンバラでは、おなかが最悪の状態に。
おなかが壊れた。
インドでもこんなにおなかが壊れたことがなかったのに。
エディンバラはかなり寒いからかな。
おなかが痛いこと意外は、良好なので、とりあえずスコッチミュージアムに。
ここではスコッチの試飲ができて、
日本語でスコッチの歴史を解説してくれるとのこと。
酒好きの私としては行かなくては。料金は8.99ポンド。
痛い出費だ。でもかまわず入館。
中ではスコッチの試飲の仕方や、歴史、醸造課程などを解説してくれる。
結構面白い。スコッチグラスももれたし。

そのあとは、美術館めぐりをして、終了。
ロンドンもそうですが、イギリスでは美術館の常設展はほとんど無料です。
なかなか、スコットランドの画家たちもすばらしい。

その夜、イギリスに来たのだから、パブに行かなくてはと思い、ユースの近くのパブへ。人がほとんどいない。イメージと違う。まあ、いいか。
とりあえず、ハギスとギネスを注文。
パブデビューだ。ビールはうまいが、ハギスは思ったよりもうまくない。
これなら日本の方がうまいかな。そんなにいろいろなものを食べていないが、
イギリスの食事はあまりおいしくない。

次の日は節制。前日お金を使いすぎたため、今日は1食のしか食べないことに。
その1食は、前日見つけたチャイナ系のブッフェ。
14:30までに入れば。6.99ポンドで食べ放題。
はっきりいって相当食べました。中華系焼きそば、チャーハン、鶏肉の揚げ物、野菜炒め、ホイコーロー、酢豚などなど。これでもかというくらい食べました。
お店の人が、まだ食うのかというくらい食べましたね。
さらに、スィーツも食べ放題だったので、アイス10個、中華系の揚げマン5個、
ケーキ3個、フルーツポンチ3杯、りんご2個、バナナ3本などなど。
うーん、腹いっぱい。お腹もさらに最悪の状態に。やばい。
まあそんなことはかまわず、一路ロンドンへ。そしてそこからベルギーへ。
エディンバラの街並み
エディンバラの街並み


エディンバラの街並み2
エディンバラの街並み2



エディンバラ城
エディンバラ城


ハギスとギネス
ハギスとギネス

旅 イギリス ロンドン

2007 - 09/19 [Wed] - 01:18

インドからイギリスへ。
飛行機がヒースローに着くなり、いきなりポリスが入ってきた。
後ろの座席に座っていたアラブ人系の人たち30人くらいを、
別の出口から下ろさせていた。
やはりイギリスの入国はきびしいのか?
私のつたない英語で大丈夫なのか?
不安がよぎる。しかし、入国は意外とあっさり。

とりあえず地下鉄に乗ってロンドンの中心に出ようとすると、
なんと地下鉄が4ポンド。わかってはいたが、イギリス恐るべし。
特にインドから着た私には、かなりショック。
4ポンドあれば、インドでは2日は暮らせる。
とりあえず。4ポンド払い、ユースへ向かう。
ユースへチェックイン。
翌日、朝食を食べながら、
さて、どこに行こうかと迷っていると、
日本人の女性がいたので話し変えてみると、
彼女は、スコットランド・エディンバラからハイランドを周り、
ロンドンに帰ってきたとのこと。
エディンバラは良かったよというので、夜行のエディンバラに行くことに。

夜行までに時間があるので、ロンドン観光。
とりあえずお金の節約のため歩くことに。
ナショナルがラリーに行って、大英博物館、ロンドン塔、
タワーブリッジ、テート美術館、ビックベンへ。
うーんよく歩いた。10時間くらい歩いたかな。
さすがにくたくたになり、夜行バスに乗り込むとぐっすり。

バッキンガム宮殿
バッキンガム宮殿


タワーブリッジ
タワーブリッジ


ビックベン
ビックベン


ロンドンの街並み
ロンドンの街並み

旅 インド ムンバイ

2007 - 09/19 [Wed] - 01:16

そろそろ、インドの暑さにぐったりしてきたので、
ムンバイで2~3泊して、少し南の方へ行って、ゆっくりしようして、
涼しいヨーロッパへ飛ぼうかと計画。

とりあえず、ムンバイからロンドンへのチケットを予約しに行ってみると、
なんと2週間先まで、予約でいっぱい。
2週間後でもチケットが取れるかどうかわからないとのこと。
なんでー。ええー。まあ時間はあるけど、そんなにインドにいてもな。
すると、受付のお姉さんが「今日の13時の便なら1つ空席がならあるよ」と。
今は、10時。どうしようかなー。もう少しインドにいたいけど、
下手すると次に旅立てるのが、
1ッ月先なんてことにもなりかねないし。
うーん、どうしよう。
まあ、またインドに来て、今度はゆっくり見て周ろうということで、
今日の便で、ロンドンに行くことに。
そこからが大変。かなり考えてしまったため、時間が切迫。
お姉さんに、ハリーアップとせかされ、急いで手続きをし、

タクシーで空港へ。ムンバイは都会なのでかなりの渋滞。
うーん、間に合うのか。タクシーのアンちゃんは、あれがムンバイで有名な建物だよ
と観光案内をしてくれるが、お願いだから早く行ってくれと心の中で思う私。

何とか空港に1時間前ぐらいに到着。
急いでチェックインし、出国審査もパスし、搭乗することができました。
そういえば、出国審査のとき、なんかもめたな。
チケットが足りないとか、ビザはないのか。
搭乗するときにも、2度荷物チェックをされたっけ。
やはりイギリス入国は大変なのかな。


ムンバイの海
ムンバイの海


機内食
機内食

旅 インド アジャンター・エローラ

2007 - 09/19 [Wed] - 01:15

アジャンター・エローラは、かなりびっくり。
こんなものを彫っていったなんて、
インド人の技術と根気にびっくり。
アジャンター・エローラの遺跡は、積み上げていくのではなく、
岩肌を掘ってできた遺跡群です。

特に、エローラの16番目の遺跡はでかかった。
しかもエローラには、仏教だけでなく
ジャイラ教などの違う宗教の遺跡群もあります。
アジャンターは一日で見て周れますが、
エローラをすべてみるのは大変。
私は、1~16番目の遺跡と、ジャイラ教の遺跡を見てきました。
壁画なんかも結構残っていて、かなりすごい!

アジャンター遺跡群
アジャンター遺跡群


アジャンター遺跡
アジャンター遺跡群


エローラ遺跡
エローラ遺跡


エローラ・ジャイラ教遺跡
エローラ・ジャイラ教遺跡


旅 インド バラナシ

2007 - 09/19 [Wed] - 01:14

バラナシは、今でも後悔している。
もっといればよかったと。
バラナシでは、コルカタのパラゴンで会った人によく出会った。
ここら辺は、ルートがみんな同じなので、よく出会います。

バラナシでは多くの人が楽器を習っています。
ギターみたいなものや、ジャンベ、タンブラーなど。
夜はゲストハウスで、ガンガーを眺め、ビールを飲みながら、
みんなでジャンベを叩いたりなんかして。
ちなみにインドでは、アルコールは基本的に許された場所ですか
飲んではいけないようです。
たのしかった。

後は火葬場にも行きました。
ボートで行ったのですが、ボートの持ち主が火葬場の人たちと知り合いらしく、
ありえないくらい近い場所で、火葬場を見ることができました。
人が焼かれていく様を見ていると、死というものがとても身近に感じられます。
人が焼かれたあとの灰は、ガンガーへ流されます。
ガンガーへと戻っていくのだそうです。
バラナシは、とてもスピリチュアルな町でした。
ちなみに、私もパチカというアメリカンクラッカーみたいな
楽器を買ってしまいました。

ガンガー
ガンガー


夜のガンガー
夜のガンガー


ガンガーから見たバラナシ
ガンガーから見たバラナシ


バラナシスィーツ
バラナシスウィーツ

旅 ネパール カトマンズ

2007 - 09/19 [Wed] - 01:12

ネパールは、まず入国するのにびっくり。
陸路でネパールに入り、国境でビザを取ったのですが、
なんと国境のイミグレの親父が、ボッてきます。
ビザ代のほかに、手数料をよこせと。
当然、手数料なんかいるはずがないので、
そんなもの払えないというと、渋々ビザ代のみでビザをくれた。
その後。バスでカトマンズに向かうも、途中バスが故障したり、
事故で道が封鎖されていて、国境から結局20時間くらいかかりました。

カトマンズに着くと、とりあえず飯を食べ、宿へチェックイン。
カトマンズは、排気ガスなんかでとても誇りっぽいです。
すぐに喉をやられました。

翌日、ドミで同室になった人にカジノに連れて行ってもらい、
ネパールでカジノデビュー。ブラックジャックをやり、3ドル負けました。
その日の夕方あたりから、体調が急変。熱っぽくなり、おなかも下し気味。
喉も痛いし。なのでその日は一日中、寝たきり。
翌日、体調が若干回復したので、カトマンズ見物がてら、
インドへ戻るチケットと、冬物の洋服を物色。
かなり気に入ったウールのジャケットがあったのですが、
サンプルだからといって売ってくれませんでした。
夕方、再度そのお店に行って、売ってくれというと、
別のカラーなら「今日、出来上がったからいいよ」とのこと。
別のカラーを見せてもらうも、気に入らず、
結局、別のお店で買ってしまいました。
ウールのジャケットと手袋とマフラー2つで2700円くらい。
さすがネパール。安い!

ダルバートも食べましたね。ネパールの定食の様なものでしょうか。
空になると、常によそってくれます。無料で。
まさに、わんこそば状態。かなりおなかいっぱいになりました。


カトマンズの町
カトマンズの町


ダルバート
ダルバート


子供たち
子供たち

旅 インド ダージリン 

2007 - 09/19 [Wed] - 01:11

ダージリンは、ものすごく寒かった。
高地ということもあり、朝は冷え込む。
私が行ったのは、雨季だったので、
雨が降るとさらに冷え込む。
ほぼ毎日雨が降っていました。
サンライズを見ようと、朝早く起きても、
雨が降っているため、見ることができませんでした。

それとダージリンは、インドではないみたいです。
チベタン系の人種が多く、間違って「日本人ですか」
と尋ねてしまったこともありました。

インド映画もここで観ました。
「HEYY BABY」というインド映画。
やはりインド映画だけあって、ほぼ半分は踊りまくり。
意味なく踊ってます。

せっかくダージリンに来たので、
紅茶のテイスティングなんかも。
一番高いやつから、7つ飲ましてもらいました。

ダージリンの街並み
ダージリンの街並み


紅茶のテイスティング
紅茶のテイスティング


タイ・パオ
タイ・パオ


猫

旅 インド コルカタ

2007 - 09/04 [Tue] - 13:26

インドのコルカタでは、色々な日本人に会いましたね。

そして、おいしい食べ物屋にも連れて行ってもらいました。
多分この旅で、3本の指ではいるであろう「海老カレー」
とも出会いました。
これはやばい。
大きな海老のミソとダシがきいていて、
メチャメチャうまい。うますぎ。

他にも、パラタというデニッシュ風のチャパティみたいなものや、
ものすごく濃いラッシーなど。
おいしかった。
ちなみにパラタは他の場所でも食べましたが、
コルカタのここのお店のものが、最高!

食べ歩いていたばかりではありませんよ。
マザーハウスにボランティアにも行ったりもしました。
カリーガート(死を待つ人の家)へ。
ちょっと色々考えさせられました。
かなりショッキングです。
骨と皮しかない人に、マッサージをしてくれといわれたときには、
どこをマッサージしていいか、わかりませんでした。

そんな感じで、コルカタに1週間ほど居て、
ダージリンへ向かいました。

写真のアップはまた今度。
今は、インドのバラナシに居ます。
これから、ジャルガオンに向かって電車の旅。
そこから、アジャンター、エローラに向かいます。

野良牛
野良牛


チャイ
チャイ


コルカタの子供
コルカタの子供


リキシャ
リキシャを引く2代目旅人

 | HOME | 

プロフィール

2代目旅人

Author:2代目旅人
旅と建築と出会いと酒をこよなく愛する2代目旅人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

足跡

2006. 8. 8 ブログ開設
2007. 6.22 日本出発
2007. 6.22 香港
2007. 6.25 中国
2007. 7. 7 タイ
2007. 7. 8 バンコクで睡眠薬強盗
2007. 7.14 日本一時帰国
2007. 8. 8 日本再出国
2007. 8. 8 タイ・バンコク
2007. 8. 9 タイ・タオ島
2007. 8.15 タイ・バンコク

訪問者数

アクセスカウンター

今日の一言

Clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。